« 07.12.11夕の ’ステッペンウルフ’ | トップページ | 紅葉の季節 「鎌倉文学館」 »

2007年12月15日 (土)

鎌倉市材木座「光明寺」の猫

鎌倉市材木座「光明寺」の猫 07.12.15

02)鎌倉市材木座「光明寺」。山門の外で寛ぐ、いつも一緒の老齢’ジャッ 

11:00am開店の いつもの食堂で昼飯食うときは、

15分前に家を出て ここで時間調整している。

だから、こんな 同じ様な写真ばかりが どんどん溜まってくる。

11:00am頃~

01) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   山門内側階段下で寛ぐ ’バーナード・パーディ’。

01)鎌倉市材木座「光明寺」。山門内側階段下で寛ぐ’バーナード・パーデ

02) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   山門の外で寛ぐ、いつも一緒の

   老齢 ’ジャック・ブルース’& ’ジンジャー・ベーカー’。

02)鎌倉市材木座「光明寺」。山門の外で寛ぐ、いつも一緒の老齢’ジャッ

03) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   どんなに近寄っても、

   達観したかのように長椅子にもたれかかったような

   姿勢を崩さない ’ジャック・ブルース’。

03)鎌倉市材木座「光明寺」。どんなに近寄っても、達観したかのように長

04) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   近寄っても 影を落としても、

   目を開けようともせず 動じることなく

   達観の境地 ’ジンジャー・ベーカー’。

04)鎌倉市材木座「光明寺」。近寄っても影を落としても、目を開けようと

05) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   私としては、昼間に山門の外で会うのは珍しい。

   通常は本堂前。

   眩しい陽光で目を細めて怖そうな顔になってしまった、

   老齢 ’トラシマ1号’。

   ちゃんと座って カメラ目線でポーズしてくれた。

05)鎌倉市材木座「光明寺」。私としては、昼間に山門の外で会うのは珍し

---

06) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   眩しい陽光と影との微妙な位置で寛ぐ ’エディ潘’。

06)鎌倉市材木座「光明寺」。眩しい陽光と影との微妙な位置で寛ぐ’エデ

****************************

いつもの食堂で 神奈川県民食! 「サンマーメン」食って

県民の義務を果たした。

対面の八百屋で花を4束買って墓参した。

墓石2塔で 献花筒2対で4基だから。

買い物が目的なのだけれども こんなポカポカ暖かい晴天なので、

長谷方向へチャリンコを走らせた。

「鎌倉文学館」手前の写真を撮って、

長谷~笹目の谷戸(やと)を通って戻り 買い物を済ませた。

いつものパターンで 由比ガ浜滑川(なめりがわ)から

R134沿いで帰途についた。

これもパターン化されていて、

’3号地下道’の階段から 材木座海岸へ出て

’1号地下道’をくぐって旧道へ出る。

出たところが 「光明寺」だから、↓ここで 道草を食う。

****************************

12:50pm頃~

07) 動画。 鎌倉市材木座「光明寺」。

   私には 即座に個体識別不可能なややこしい猫だから

   動画を撮っておいた。

   かなり近づいて撮ったのだけれども、

   カメラの性能上 小さく写って更に不鮮明。

08) 鎌倉市材木座「光明寺」。

   自宅で調べたけれども、決定打が無い。

   今回は 以前に作った暫定名「仮称 ’トラシマ5号’」としておく。

   ’ケネス伊東’

   ’幻の ふっくらした顔の「トラシマ系」猫’かも識別困難。

08)鎌倉市材木座「光明寺」。自宅で調べたけれども、決定打が無い。今回

---

09) 動画。 鎌倉市材木座「光明寺」。

   総門周辺の参道。

   私を見て ’うつぼ2号’が何かを喋りながら近寄ってきた。

   恐ろしい顔の模様なんだけど、すっかり私になついている。

   勿論 エサをあげたりはしないし

   他と同じく 距離を保って接してきた。

   カメラへ突進してくるので、座っているところを撮るのは困難。

野良猫 命名一覧

|

« 07.12.11夕の ’ステッペンウルフ’ | トップページ | 紅葉の季節 「鎌倉文学館」 »

鎌倉の神社仏閣」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。