« 生しらす丼 | トップページ | 極秘実験、再挑戦 »

2006年4月18日 (火)

アジ、イナダ、シッタカ

アジ、イナダ、シッタカ 06.04.18

02)-2舌が有る魠?もいることを知ってますかァ?

いつものことながら、昨日17日に鯵とイナダを買ったんだけど

気乗りがしなかったので 冷蔵庫へ突っ込んだままだった。

私が喰いたいわけではなくて、

父は肉がダメだから ”魚を切らさないように” って

自分で 自分に強迫観念を植え付けてしまい

ついつい 無計画にナマモノを買い過ぎてしまう。

内臓くらいは除去しないとヤバイから、

シブシブ 解体作業をしたわけなのデスゥ。

01) アジ。 

   刺身は飽きたから、粉を付けてフライパンで焼くかァ?

   決まらない内に冷蔵庫の中で古くなってゆくのが常。

01)アジ。刺身㠁?飽きたから、粉を付けてフライパンで焼くかァ?決まらない内に冷蔵庫の中で古くなってゆくのが常。   

           -----------

02)-1 イナダ¥598。 

   ¥300で買ったこともあるから、

   自分で卸す手間を考えると、安くはなかった。

このまま冷蔵庫に入れたままでも ブリになるわけでもないしぃ・・・

どこから どの大きさから ブリだ!って法律で決まってるのカァ?

これをブリだ!って売ったら、”偽装だ!”って言われるダラフ。

当地では、

ワカシ ← イナダ → ワラサ → ブリ  だけど

ワカシですヨォ~ って売ってたら、

安いと思うか、若くて美味そうじゃないからヤメタ と思うか、

そんな名前の魚を知らない!っと思うのか・・・

これを読まれたアナタ様は どう思われますか?

02)-1イナダ¥59 8。自分で卸す手間を考えると、安くはなかった。

02)-2 舌が有る魚もいることを知ってますかァ?

   表面がザラザラした 骨みたいに硬いんだよネ。

   もっと大きければ、卸し金なるかも?っと いつも思う。

02)-2舌が有る魠?もいることを知ってますかァ?

02)-3 刺身用に卸すと喰うところが少なくなっちゃう。

    次回は煮魚用に卸そうゾ!

いつもは、頭と中落ちを”あら煮”で喰うけど、

今日は ボォ~っとしていて喰い損なった。

同時作業で アジの骨でダシを採ってたんだけど、

そこへ 誤ってイナダの頭と骨もブッ込んでしまった。

身の付いてない”骨だけ”で

アジの上品なダシを採ろうと思っていたのにィ!

・・・ダシは捨てた。

命あるものを粗末に扱った罪悪感も残った。

ダシ殻は 実家周辺のノラネコのエサにするんだけど、

今日のエサは 豪華版だドォ!

02)-3刺身用に占?すと喰うところが少なくなっちゃう。次回は煮魚用に卸そうゾ!

        ------------------

03) シッタカ。 右上は貝殻。

私が命名 「シッタカ丼」 にして喰ったが、完成写真は無い。

完成写真を撮りそこなった。

撮ったとしても 美味そうには見えないだろう。

これは、私が海で採ってきたのでもなく、私が茹でたのでもなく、

ましてや、根気よく 針を使ってクルクルっと 私が剥いたのでもない。

今日、父が 「和賀江島」で採ってきて、父が茹でて、父が剥いたのを

私が半分貰ってきて 私は喰うだけ。 

03)シッタカ。堏?上は貝殻。「シッタカ丼」にして喰ったが、完成写真は無い。

------------------------

私の常套手段で 記事とは全く関係ない。

魚の「イナダ」と 精神科医・文筆家「なだ いなだ」を 無意味に引っ掛けただけ。

でもネ・・・

地元では 魚のウツボを「ナダ」って呼ぶんだよネェ~

だから、なだ いなだ氏がテレビに出たりすると

大きく口を開けた”ウツボ”の姿を連想するんだよナァ~

作り話じゃなくて 本当ダヨ!

こころの底に見えたもの

こころの底に見えたもの

  • 作者: なだいなだ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2005/09/05
  • メディア: 新書

なだいなだ論―意地と意志の弁証法

なだいなだ論―意地と意志の弁証法

  • 作者: 在柄 寧聞
  • 出版社/メーカー: 勁草出版サービスセンター
  • 発売日: 1989/12
  • メディア: 単行本

|

« 生しらす丼 | トップページ | 極秘実験、再挑戦 »

食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アジ、イナダ、シッタカ:

« 生しらす丼 | トップページ | 極秘実験、再挑戦 »