« INADA SAUTE | トップページ | 自由大学、鎌倉アカデミア »

2006年4月27日 (木)

ほぼ完成した「海潮山 妙長寺」

ほぼ完成した「海潮山 妙長寺」 再建途中。 

鎌倉市材木座。06.04.27

27-06)本堂正面  

「 鎌倉材木座「妙長寺」再建途中。 06.04.24 」 の続き。

今日、勧募志納金を持参した時に撮った。

勧募は強制ではない。

勧募主旨書によると、

開山以来705年の歴史を重ねて今日に至るそうだ。

前の本堂は 大正11年に建立され、

翌12年の 関東大震災にて崩壊、その建物を建て直ししたそうだ。

書かれていないが、崩壊した部材で建て直したのだろう。

大正11年は父の、12年は母の生まれた年だ。

だから、84年前後経った建物だったわけだ。

平成13年8月の台風での被害で、部分修理不能に陥り

今回の新築再建に至った。

私としては、新築の寺を目の当たりにする事ができるのは

貴重な体験だと思っている。

大修理された寺や 再建された寺は多いが、

素人の私が観ることが出来る範囲に於いて

ほぼ木造で新築されたのは 嬉しくもあり 誇らしい気もする。

補強技術上なのであろうか、

大修理された寺の場合 縁側から外はコンクリートが多い。

新築された「長谷寺」の場合、私見では、コンクリート製建造物。

本尊を覆う建物であり、国宝 国内最大木造観音の保存のためには

空調の都合上等の諸事情で、当然のことだと思う。

私は機械設計屋の末席に居た者だが、

建築については門外漢であるけれども 寺院建築の構造には

とても興味がある。

これからも 機会をみて写真を撮るつもりではいるが、

先ず手始めに外観を撮ったけれども

門外漢の私では 建築家が観たいと思うであろう箇所が

わからない。

自分にとっては、後に 寺院建築の知識を得た時に

撮った写真で再確認できる貴重な写真になるであろう。

雨戸も縁側も木造だから、今日以降から風雨に晒され

朽ちては修理される歴史を刻むのだろう。

半年後には 木の香も無くなり表面は変色しているかもしれない。

数年後には、

銅葺きの屋根は緑青がついて 緑色になっているであろう。

27-01) 道路からの入口

27-01)道路からの 入口

27-02) 山門

27-02)山門

27-03) 山門の天井

27-03)山門の天䠺?

27-04) 境内から山門を観る

27-04)境内から報?門を観る

27-05) 境内の塔

移設され、台座は大幅に縮小された。

境内は ほぼ全て 拡張を重ねた墓地。

鎌倉中大半の寺と同様、

庭園が在るわけでもなく 観光客様の来訪とは無縁。

歴史勉強グループのような団体の来訪は よく見かける。

27-05)境内の塔

27-06) 本堂正面

左右の雨戸には ”戸袋”が有るが、中央のには ”戸袋”が無い。

大きな行事の時は 戸を外すんだろうナァ。

伝統的な仕立てに準じたのだろうけど、

これを”木質調アルミサッシ”にしたら 簡単に外せないもんナァ

雨戸が無い 上部のガラスは、台風の時は平気なの?

27-06)本堂正面

27-07) 寺額

軒裏に 楕円形の穴を発見! ”呼吸穴”のようだ。

以前の瓦葺きから 銅板葺きになった。

瓦葺きならば、瓦の重ね合わせ部の”ラビリンス”で呼吸できるが

銅板葺きになって密閉されるので、

これが必要になったと推測する。 結露時の水抜きも兼ねるのかな。

27-07)寺額

27-08) 寺額

「第四十三世 日誠」 歴代住職の筆か?

そうだとしたら、左から右へ書かれているけど どの時代?

自分ところの寺だから 自分で調べるべきだが、

他人様からの調査結果報告は拒みません。お待ちいたします。

27-08)寺額

27-09) 本堂の階段

27-09)本堂の階栮?

27-10) 本堂の戸

27-10)本堂の戸

27-11) 破風の裏

27-11)破風の裏

27-12) 本堂背面。 本尊収納部(本尊壇)。

27-12)本堂背面㠀?本尊収納部。

27-13) 軒の裏側と、雨戸を閉じた様子。

27-13)軒の裏側

27-14) 正面の濡れ縁。 右側面から観る。

経年変化で、板が反るものなのか 反らないか に興味有り。

27-14)正面の濡㠂?縁。右側面から観る。

27-15) 右側面の濡れ縁。 背面側から観る。

27-15)右側面の栿?れ縁。背面側から観る。

27-16) 右側面の雨戸。 背面側から観る

27-16)右側面の頛?戸。背面側から観る。

Life Shot  06.04.27&24鎌倉材木座「妙長寺」再建途中。

|

« INADA SAUTE | トップページ | 自由大学、鎌倉アカデミア »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。